美味しいと便利を実現するのがケータリング

ケータリングは美味しくないと思っている方が今でもたまにいます。
確かに昔のケータリングは
お世辞にも美味しいとは言えないものが多かったのは事実。
仕出し弁当屋さんがアルミ箔の紙皿にお決まりの料理を乗せて
配達するだけのケータリングの時代は遠い昔の話です。
今、流行りのケータリングは何が違うのか?
利用者の多くが驚かれる最も大きな違いは、料理の美味しさでしょう。
ちょっと前でしたら実際に料理店に足を運ばなければ
食べることが出来ないような高級料理でさえも
ケータリングに対応できる店舗が多くなっています。
いわゆるレストランメニューというものですね。
 

 

一流レストランのシェフを抱えるケータリング業者もかなり増えてきました。
料理が美味しくなるには、腕のよい料理人と食材が決め手になります。
食材についても、
高級レストランでしか味わうことが出来ないような食材を使う業者も存在します。
一昔前でしたら、
フォアグラを使った料理をケータリングで楽しむことができるとは想像できませんでした。
美味しくはないけれど便利だから仕方ない、
といった気持ちにならないのが今のケータリング。
美味しいし、しかも便利。
だからこそ、ケータリングは実に多くの方に利用される業界になったのです。
もちろん昔ながらの唐揚げやフライ、
ポテトサラダなどの定番メニューも人気です。
幅広い用途や年齢層に対応できるからこそケータリングは人気なのかもしれませんね。
今まで利用されたことがない方は、
近所のちょっとした会合やママ友との集まりなど一度利用されてみてはいかがでしょうか?


このページの先頭へ戻る